うまく歌う人と言うのは姿勢が良く、逆に音痴の人は歌う時の姿勢が悪いです。 一見、姿勢と歌のうまさは関係ないように感じるかもしれませんが、密接に関係しています。 うまく歌うためには姿勢も大切なので、注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)して下さい 姿勢に注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)することによって、今までよりもうまく歌(上手な人は上手ですが、下手な人はとことん下手なことが多いものです)えるようになります。 歌(最近では、携帯でダウンロードして聴くことも珍しくないですね)う時の正しい姿勢とは、以下の通りです。 ・背筋を伸ばす ・立って歌う ・アゴをひき、真っ直ぐ正面を見る ・重心を少し前方におく まず、背筋(キレイに伸びていると、相手に好?象を与えられるでしょう)をきちんと伸ばすことが大切です。 猫背になったり、背中を反ったりすると、スムーズに声が出なくなります。 それに、座って歌(近頃では、自宅でネット通信を使ってカラオケができるようになりました)うよりも、立って歌った方がうまくなるようです。 なぜなら、立つことによって腹式呼吸(色々なやり方があり、きちんと行おうとすると案外難しいものです)が簡単にできるからです。 座った状態だとやりづらいので、歌う時は立つようにします。 そして、アゴをひき、真っ直ぐ正面を見るようにして歌っましょう。 また、重心を少しだけ前方におくようにしましょう。 このようなことを意識するだけでも、歌(昔の曲を聴くと、当時の思い出が蘇ったりしますよね)がうまくなるはずですー